11/13/2008

Aargh, Matey!

ケイマン諸島で行われたPirates Week Invitationでヴァンデヴェルデが優勝。三日にわたるステージレースの予定が、ハリケーン接近のため最初の2ステージが中止。勝敗は最終日のサーキットレースで決定したようです。白黒のポディウム写真はこちら

=========
来季ガーミン入りする選手達をちょいと整理:ウィギンス、スウェイン・タフト、クリスチャン・メイヤー、キャメロン・メイヤー、リチャード・ヴァン・デル・ヴェルデ、ハンス・デッケルス

出て行く方達:クリストフ・ローラン (アグリチュベル行き)、パトリック・マッカーティ

メイヤー(マイヤー?)とかヴァンデルヴェルデとか名前が似ている選手を取り入れたのは別にDSを困まらせたいからではないそうです。「スーパースターではなくて(←ウィギンス?)、若手を中心に集めてみました。注目株?それはズバリ!タフトでしょう」とヴォータース監督。

ラボ出身、21歳のリチャード・ヴァン・デル・ヴェルデはガーミンのU23チームに入団する予定だったのが直接プロ入りすることに決定。オランダ人ですが家族はゲントに住んでいたこともあるそうで、お父さんの家族がゲント出身のヴァンデヴェルデとは血がつながっていないともいいきれないのだとか。

ツールで活躍できず、継続はないのでは...と一部で噂になっていたダニエルソンに関してはヴォータース監督が「ズバリ、私がコーチするしかないでしょう!」とアナウンス。ディスカバリーとは対照的に自発性が求められるガーミンへの移動は決して楽ではなかったようですが、ミズーリではチームの一員として走ることを学び、次は身体的な可能性をフルに生かし、自分で物事を決められる選手を作り上げることに焦点を当てる、とのこと。

2 件のコメント:

masayang さんのコメント...

タフト、いいやつです。応援しましょう!

dido さんのコメント...

>masayangさん、

あわわ、レスがかなり遅れました。すみません~。

タフトは絶対やらかしてくれると期待しています。過去のレースなどあまり詳しく見ているわけではないのですが、兎に角「タフ」なヤツだというイメージが大きいです。自分の想像に過ぎないかもしれませんが、カンチェラーラと対等に張り合える選手ではないかと。パリ・ルーベやフランダースで泥まみれになって走っていただきたいです。