11/09/2006

ディスカバリー系の番組出演もありかしら(ないない)

バッソがプロツアーで走れるのは喜ぶべきなんだろうけど、うーん、なんだかなあ。(カピバラさん、お気持ち察します…。)

*ライプハイマーはブエルタ狙い?ツールは双頭の竜で攻めるのか?
*ジョージ…カタログの表紙も飾ったのに…。いや、アメリカ人なのでまだトップスターの座を退くことにはならないでしょう。
*Cerveloに乗らなくなっても、Cervelo.tvの「初めての自転車」コーナーに登場して欲しい。
*CSCからは、世界選TTで4位に入ったヴァンボルグも移籍。イタリア人は他にいませんので、英語のお勉強、頑張ってください。
*マルコポーロとの提携による若手の育成とアジア圏への進入…ってなんてぬかりのないチーム。
*しつこいかもしれませんが、Race to Replaceって結局なんだったの?

****************
Ventoux.tvの「初めての自転車」コーナー(<シュレックが放送禁止用語を連発している動画が置かれているので18歳未満は立入禁止。要登録。)

ザブリスキーとジューリックの絵画能力については、少し前に触れましたが、立ち寄ってみたら動画がかなり増えていました。ライプハイマーだけは何度試しても接続できなかったのですが、ざっと感想を述べると:

*バックステッド:初めてレースに出場した自転車。周りの選手はみんなローラーでウォームアップしていたが、自分は自転車を置いて、ランニングでアップした。それでも一位だった、という思い出話が主。

*フォイクト:ドイツ人らしく、「お安い御用さ。まずは車輪が二つあって」ときっちりと説明しながら、手馴れた感じでバランスの取れたロード車をあっという間に描く。

*シュレック:超几帳面人らしい。一番丁寧で、最後までディテールを気にしては、付け加えていた。5歳の時に買ってもらった自転車で、ボトルケージをつけてもらった。シートからルクセンブルグの旗が立っていた。

*フランキー・アンドリュー:バナナシートが付いていたというので、シュウィン?ビッグウィールと風景を描いていたザブは例外として、ジューリック先生もアンドリューもなぜ紙面一杯に描かないのかしら。アシスト性格が作風に表れているとか?

*サストレ:この人も丁寧でバランスのいい絵を描いていた。お兄さんからのお下がりで、今でも従兄弟(?)が乗っている自転車だそうです。コンポを自分でカンパニョーロに取り替えたらしい。

2 件のコメント:

カピバラ さんのコメント...

お気遣いいただき、ありがとうございます~(涙)。バッソの移籍の件、私と同様釈然としていない方が少なからずいらっしゃる、というのをネットサーフ(日本語限定)して知り、少し、いやかなり慰められています。英語メディアのほうは全くチェックしてないのですが、本場アメリカのファンはどういう反応なのでしょうか。もし面白い話がありましたらご紹介いただければ幸いです。私も後で突撃してきます。

初めての自転車コーナー、シュレックは、あんな優しげな顔でしかも几帳面に自転車を書きつつ、放送禁止用語連発なんですか!人は見かけによらないというより、業界内ではこの手の単語は普通に使われてるのかもしれませんねー。以前、ディスカバリーのサイトで、車に乗ったランスとブリュイネール監督に、自転車に乗ったダニエルソンが話し掛けているというビデオを見ましたが、「ピー」音がしきりに連発されていて笑えました。

dido さんのコメント...

>カピバラさん、

フォーラムなんかでは、「なんてこった、リーヴァイ!!」という反応が主なようですね。他でももう少し調べてみます。

自転車業界って、遠征中のホテルは女人禁制だったり、古風な「男の世界」っぽい雰囲気があるところらしいので、きっと日頃からあんな感じなのかと思われます。テレビで見る限りは、皆さん凛々しいジェントルマンなんですが、それもチーム側によるメディアトレーニングの賜物でしょうかねw。