4/05/2010

RVV

少し雨模様のRVV。カピバラさんのおっしゃるとおり、ロンデは雨の良く似合うストイックで悲壮感漂うレースだからこそ盛り上がるのかもしれませんが、お天道様のようなカンチェさんがガチで勝利するのを見ながら、ものすごく盛り上がらせていただきました。誰が走っていようとあの教会が映し出された瞬間に感極まっっちゃうんですよね...。

「今年勝ちたいレースはRVV」と公言していたカンチェ、マークされまくって逃げ切れなかった世界選の屈辱も果たしました。いやあ、 カンチェにモチベーションってまさに鬼に金棒。それをサポートするチームも素晴らしかった。集団最前列で横一列の防御体制から、オグレディの働きっぷり、メカニックによる特急バイクチェンジまで見事なチーム体制でありました。クリテリウム・アンテルナシオナルに出してもらえなかったフォイクトさんが「メカニックと車さえだしてくればチームなんていらない」と言ったそうですけど、そうは問屋が、じゃなくてリース監督が卸さないのはロンデでのサクソの団結力を見てると納得できます。

ガーミン完走者は5位のファラー、32位のミラー、55位のヴァン・スーメレン、90位のマースカントの四名。Driedaagseで自信をつけた ミラーは逃げで興奮させてくれた上に、ファラーのリードアウトも行う始末。相当ハイですね。でもロンデとは恋に落ちてしまっただなんて、クラシックは冷たいですよー。ハートブレイク要注意ですよ。ジョージに相談したほうがいいですよ。

カピバラさんからもうひとつお借りします
。Versusのプロモ、確かに素晴らしい出来です。テレビでの放送は見逃しましたが、このビデオを見て確信したのは、私の中で悲壮感たっぷりの選手はスティンでもボーネンでもヒンカピーでもなく、ホステだということ。ほぼ同義語と化しています。

2 件のコメント:

capybara さんのコメント...

リンクありがとうございます。
いろいろ自サイトで突っ込みはいれてるものの、今年のRVVは美しいレースだったと思ってます。やっぱり、最後カンチェラーラが競り勝ったのがベルギーチャンピオンジャージのボーネンだったというのがドラマティックでした。これがホステだったらここまで感動的だったかどうか…(ひどい)。Versusが、今年のレース映像をつかってまたフランドルRVを作ってくれることを期待しています。
 
にしても、ミラーは恋しちゃったんですか!あっちゃー。ジョージは恋の先輩としていろいろ教えてあげたほうがいいですね!(笑)

me さんのコメント...

RVVは本当にいつみても面白いレースだと思います。これとパリ・ルーベの二週間だけでシーズン終了となってもいいくらいお腹いっぱいです(おいおい)。特に私のような勉強不足の者にも分かりやすいのが非常に助かります。

今年のレース映像を使ったビデオ、見たいです~。YouTubeのコメント欄、もしくはVersusのツイッター(ってありましたっけ?)で催促してみようかと思います。