9/05/2006

ブエルタ第十ステージメモ・訂正あり

ミラーが逃げてる!マヨも!あああ、オレンジのジャージーをひらひらさせてダンシングするマヨが見たいのに、なぜつながらぬ、ユーロスポーツ!!!

* ミラーが逃げてるとくりゃ、くまたろうさんにお世話になるっきゃない、とお邪魔しました。え?「信じられない格好で走ってる」って??ジャージーがハーフ丈って...。
...こ、こういうことだったのね。あははは。パジャマの上がずりあがって、寝冷えしそうな子供みたい。いくら暑いからって、こりゃやめといたほうがよかったね、デイヴ。ジャージの前を全開にした方が涼しいそうなものなのに、なぜ...。(<訂正:サウニエルのジャージーは半ジップとまでもいかない上ちょっとしか開かないタイプだったようです。ひどい事書いてごめん、デイヴ。)外見はともかく、今日もベントソの為に全力を出し切ったようで。ベントソがミラーの頑張りに応えてくれる日が早く訪れることを願っています。
(私信:くまたろうさん、コメントを残そうと色々ブラウザーを変えて試してみたのですが、どうもgooブログとうちのコンピュター共は相性が悪いようです。ごめんなさい。)

* マヨのジャージーは半開きでした。右足が内股のアタックモード。逃げが容認されてしまう立場にいるのって、悲しい。

* ラジオ体操第二ポーズのパウリーニョ。アスタナ三連勝。ヴィノの奮闘ぶりに触発されたか、または来季所属チームとなるディスカバリーに良いところ見せつけようとしたのか、と思ったらサイツ元監督に勝利を捧げるというコメントが。私的には、サイツ=悪人というイメージが定着してしまったのだけど、まだ慕っている選手もいたのね。

4 件のコメント:

sie さんのコメント...

こんにちは、はじめてコメントさせていただきます。
この日のミラーのジャージには笑わせてもらいましたね。
どうやらサウニュエルデュバルのジャージはファスナーが途中までしか開かないタイプっぽいので、苦肉の策としてあんな風になったのではないかと思います(笑)。
仕方ないとはいえ、なんだか気の毒ですねー(苦笑)。

dido さんのコメント...

>sieさん、
コメント有り難うございます!やはり半開きにしかならないジャージーでしたか。もしかしたら、とは思ったのですが、確認しないまま文章にしちゃいました。(反省・赤面)
sieさんのページも拝見させていただきました。自分は全く絵を描けないので、うらやましいです。ハスホフトそっくりですねえ。
今後もよろしくお願いいたします!

くまたろう さんのコメント...

gooのコメント欄、申し訳ないです~。
海外からのコメントスパムをはじくために、何か制限がかかっているのかもしれません。
たまに自分のコメントもはじかれそうになります(とほほ)。

サウニエルは貧乏なので、半袖ジャージは1種類しかないんですよー(号泣)。
確かよそのチームは(ゲロルかどこか)これ見よがしに2種類のジャージ、売ってました(妬)。
Jスポーツ解説の栗村さんは「全開でジャージをばたつかせるより、この方が空気抵抗にはいいかもしれない」とまじコメントしてましたw でもかっちょ悪い~。

ハングリー精神=同義語:ヴィノクロフ…&アスタナ。すごいですね。昨日も脱帽しましたです。

dido さんのコメント...

>別の方のgooブログにもコメント残そうとしたときもはじかれてしまったので、多分こちらの問題ではないかと思います。

あの捲り方が空気抵抗にいいという噂がひろまれば、ブレークするかもしれませんねーw。(ないない)

アスタナの精神力にはただただ驚かされるばかりです。(でもサウニエルの奮闘ぶりもピカイチですね。)ベテラン戦力の追加によってどんなチームへと変貌を遂げるのか、今から楽しみです。