8/30/2006

前歯の可愛いブラントが

CNより

ダヴィタモン・ロットのクリストフ・ブラントがSchaal Selsのレースでクラッシュ。肋骨を四本折り、肺穿孔、肺炎など生命に関わる負傷で、かなりの重体です。即時に手術が行われ、脾臓は幸いセーブできたようですが、腎臓は片方を摘出。上腕も骨折。腹部の内出血のため、三日間は人為的な昏睡状態に置かれるそうです。

心配です...。

2 件のコメント:

moritaku_bear さんのコメント...

びっくりしました.とても心配です.
でもその後の発表によると、現在容態は安定しているようです.腎臓摘出もレースには影響しないとか.
とにかく命が守られただけでも良かったです.本当に.

ところでお伺いしたいのですが、
"patient is facing a long revalidation."のrevalidationというのはどのように訳すのでしょうか.辞書を引いたりググってみると"再確認"や"更新"となるので、"長期の検査"という意味になるのかもしれませんが、
"Our team will help Christophe with all possible means during his revalidation. "
という文章をみるとそれではちょっと変な気もします.治療とか入院だとしっくり来るのですが、、、、、すみません、変なことを聞きました.

dido さんのコメント...

>moritaku_bearさん、フォローありがとうございます。安定しているのですね、良かったです。

こういうコンテクストでrevalidationという言葉を使った文章は見たことないのですが、イギリス英語の言い回しかもしれませんね。多分「回復期間」という意味だと思います。復帰できるまでにはかなりの時間が掛かるが、その間、チームはブラントを全力でサポートするということではないでしょうか。